2013年11月22日

今週からウエイト期間に入りました。

KIMG0019.JPG ホームページ担当の松倉です。今週からウエイト期間に入りました。前任のウエイトコーチの中村先生に代わり、新しく寺田先生(通称タカさん)がウエイトコーチとして桐蔭横浜大学柔道部へやってきました。タカさんのトレーニングはとてもハードで、我々選手にとって、とても良い刺激になっていると思います。
 ウエイト期間に入り、タカさんのトレーニングはさらに厳しいものへと変わると同時に、タカさんの追い込みも厳しいものへと変化しました。ウエイト場からは柔道部の叫び声が絶えず聞こえ、外は寒いというのに汗だくになりながらトレーニングをしています。しかし、桐蔭横浜大学柔道部は筋肉好きな者が多く、自発的にタカさんに「おれを追い込んでくれ」と言う学生が増えてきました。私もその中の一人であり、現在は全身筋肉痛で苦しんでおります。
 このウエイト期間で力をつけ、チームの目標である全国ベスト4を目指していきます。
posted by toinjudo at 00:02| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記

新しく部長になった深川です!

 新しく部長になった深川です!新体制になってまだ間もないですが、団体戦で全国ベスト4になることを目標にチーム全員で取り組んでいきます!

 応援よろしくお願いします!
posted by toinjudo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月20日

新しく副主将になった佐藤慎太郎です。

 私は副主将として団体戦ベスト4を目指し、主将である深川と力を合わせてチームをまとめていきたいと思います。また、柔道だけではなく私生活の面などでも誇れるようなチームにしていきたいです。
posted by toinjudo at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新しく主務になった鳴尾健太郎です。

 私は主務として、先代の澤口本季先輩ほど頼りにならないし、まだ力足らずですがこれからこの柔道部をしっかりと支えてけるような主務になれるように一生懸命頑張ります!
posted by toinjudo at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月16日

お知らせ

 お知らせです。近日中に宮崎廉さん、小林大介さんによる講道館杯(11月9日・10日に開催)に出場した感想を本ブログにて掲載します。
 また、新しい主将・副主将・主務に襲名しました3名の豊富も追って掲載するのでお待ちください。


 それでは私、松倉剛志郎の豊富を・・・私は心のどこかで自分に甘い部分がありました。自分に甘くては強くなるはずがなく結果、試合に勝てるわけがありません。新体制になった今こそ心機一転のチャンスと私は思い、自分に厳しくしていきたいと思います。そして、来年度の全日本学生で優勝します。しかし、今のままの私では絶対に無理と、笑われてしまうかも知れませんがこれからが正念場だと思っています。よく『男子3日会わざれば・・・』と言いますが、3日で自分が変わるなどその様な事はありませんので、どうか長い目で見守って下さると嬉しいです。
 上記は選手としての豊富で、HR係りとしての豊富は「とにかく多く更新していきたい」それだけです。有言実行!

投稿者 松倉剛志郎
posted by toinjudo at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡

2013年11月15日

今年こそは!!(初投稿)

 新HR担当になりました松倉剛志郎です。今年のHR係りは射手矢弦太、荻野ともき、松倉剛志郎の3人になりました。去年までは担当が佐藤大樹さん1人しかおらず、更新がほとんど0に近い状態でしたが今年からは頻繁に記事を投稿していきたいと思います。
 また近代柔道の後ろのページに記載されている『りれ〜と〜く』のような記事も投稿していきたいと思います。気が向いたら松倉に声を掛け下さい。
posted by toinjudo at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月06日

今年はやります!

新HP担当になりました佐藤大樹です。
今年はやります。更新します。更新しまくります!!!
見ててください。期待してください。

以上佐藤大樹でした。

posted by toinjudo at 12:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 連絡

2012年07月19日

よろしくお願いいたします。

桐蔭横浜大学柔道部副主将の相馬啓敏です。
本日より柔道部のホームページ担当となりました。


活動報告、試合日程、試合結果など随時更新するよう努めてまいりたいと思います。
桐蔭横浜大学柔道部の応援、ご声援よろしくお願いいたします。

2012.7.19 相馬啓敏
posted by toinjudo at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 連絡

2011年09月15日

富士登山2

もう一人、1年生の酒井大地の感想です。

今回初めて富士山に登りました。日本一高い山と聞いていたので最初は登れるか不安でした。まず、朝7時に寮を出て3時間かけて富士山まで行き5合目からのスタートです。とにかく真夏なのに山は肌寒くてびっくりしたのが最初の印象です。そして、登り始めて7合目ぐらいから頭痛がしはじめ地獄の始まりでした。8合目や9合目は、霧がかかった状態で目の前しか見ることができず、酸素は薄く何回もあきらめようかと思いました。でも一度登ったからには最後まで登ろうと決めていたので、最後の力をふりしぼり頂上を目指しました。そして、周りの人たちにも励ましてもらいなんとか頂上まで登りきることが出来ました。頂上に着いたら目の前には絶景が広がっており、今まで苦労して登ってきたかいがあったとしみじみ実感しました。その時は登ってよかったなと思ったのですが、下山がっ想像以上にきつく、膝に痛みがはしり何度も転びました。あらためて富士山の恐ろしさ痛感することとなりました。そして、自分が5合目に着くころには、ほとんどの人が下山していて山も真っ暗になっていました。バスで帰ろうとしたのですがバスの調子が悪くなりそこから3時間も待機することになりました。結局寮に着いたのも深夜の2時頃でした。この日は、1日にいろんな事がありすぎて1つ思ったことがあります。もう、富士山には登りたくはないということでした。
posted by toinjudo at 16:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 行事

富士登山

先日行いました、富士登山の感想が学生から届きましたのでそちらを掲載します。

まずは主将の長田拓郎の感想です。

去る8月23日に人生初の富士登山に挑戦しました。富士登山挑戦が決まった日から、テレビ番組で富士山特集がやっていたらチェックしたり、自分たちで登山に必要なものを調べ用意したり、もしかしたら山頂付近では吊り橋効果で素敵な出会いがあるんじゃないか、など想像し、やっぱりそんなところで出会った子とのデートは毎回登山かな?いや、裏をかいて海じゃないかと、いつも通りの柔道部な感じで、かなりテンションが上がった状態で当日を迎えました。

しかし、そんなテンションなどすぐさま消え失せました。まず、とにかく寒いのです。登山道に点在する山小屋には、この時期だというのにストーブ等が設置されていました。登り始めはそこまでの寒さを感じなかったため、短パンという完全に富士山を舐めきった格好でいたのですか、標高が上がるにつれ風が強くなり、若干降っていた雨と相まって頭髪が凍るような感覚さえありました。また、すれ違う人がいる度元気よく挨拶をしていましたが、登れば登るほど挨拶をすることすらツラくなっていきました。目では次の山小屋を確認できているのに、歩いても歩いてもその山小屋に近づいているような感じがしないのです。もしロープウェイがあり、それがたとえ1万してもあの時の自分だったら飛び乗っているところだったでしょう。そんな疲労困憊の中、八合目で食べた200円するクリームが遠慮がちにしか入っていないクリームパンと、通常の3倍の価格のブルボンプチシリーズの塩せんべいのうまさと言ったらそれはもう格別でした。

そんなこんなで登り始めてから3時間ほどでなんとか富士山頂にたどり着くことができたのです。しかし、山頂はここだが頂上はまだ先にあるという耳を疑いたくなるような情報が。ここまで登ったのだからと、渋々ながらまた登り始めやっとこさたどり着いた富士の頂上剣ヶ峰。そこからの景色の荘厳さといったらそれはそれは凄かったです。雲よりも高い位置にあるので雲が絨毯みたいに眼下に広がっているのです。雲の上を歩くことができるんじゃないかと、メルヘンチックな想像さえしてしまうような気持ちのいい景色でした。

ここまできてやっと富士登山をしてよかったと思いましたが、そんな気分もつかの間、下るだけだからそんなキツくはないだろうと思っていた帰路の道、いやはや登りと同等以上のツラさがありました。登りは岩肌をよじ登るようにして来た道、帰りはその道を降りなければなりません。疲れ切ったボディに来る衝撃はなかなかのものでした。下りきるころには、膝や腰はもちろんすねの筋肉が張るという山登り特有の疲れも出てきました。なんとか下り終わりバスに乗り込む頃には日もすっかり暮れていました。

今回初富士登山をなんとか部員ほぼ全員が成功し、日本一の山を制したことがこれからの柔道部の大きな励みになればと思います。また9月から大きな大会が続きますが、今回の登頂成功を胸に柔道部全員が富士山に負けないような立派な試合をするとここに誓います。これを見てくださっている方が一人でも柔道部を会場で応援してくださったら幸いです。

最後に富士山、感動をありがとう。そしてもうあなたに登ることはないでしょう。
いつまでも立派にどっしり構えていてください。さようなら。
posted by toinjudo at 16:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 行事

2011年04月06日

香港国際柔道大会(渡邊敦義)

 今回、香港で行われた国際大会に参加させていただきました。本当はあまり行きたいとは思っていなかったのですが、廣川先生の「香港国際の話がきたけどお前しかいないと思った」という言葉と、吉鷹先生の「香港国際に行ったら出会いがあるぞ」という言葉につられて大会に参加することを決めてしまいました。(実際には何の出会いもありませんでしたが・・・)

 香港に行った時の第一印象は空気が匂うということと高層ビルがとても多いということでした。匂いに関しては、香港にいる間慣れることはありませんでした。高層ビルについては、地震がすくないことから上に伸ばしているとのことで、数でみると日本より多いのではないかと感じました。
 香港での楽しみといったらなんといっても中華料理です。しかし、到着時私は規定の体重を2キロもオーバーしていたので、減量をしなければなりませんでした。そのため、本場の中華料理を楽しむどころか、まともな食事すらできずに毎晩春雨ヌードルを食べて過ごすこととなりました。

 食事を我慢した甲斐あって、なんとか規定の体重をパスして試合に臨むことができました。1試合目は地元香港の選手に送り襟締めで一本勝ち。2試合目はマカオの選手で内股で一本勝ち。準決勝戦は、対戦相手が前の試合で負傷したため不戦勝で決勝戦に勝ち上がりました。決勝の相手は台湾の選手で、試合の序盤に有効を取られてしまいそのままポイントを取り返すことができずに負けてしまいいました。優勝するつもりだったのでとても不甲斐ない結果で終わってしまいました。

 大会が終わった後には、出場した選手全員が集まる食事会が開かれました。減量が終わったことと、試合が終わってストレスから開放されたことによって、とにかく中華料理を食べまくりました。おかげで体重が試合の時よりも3キロも増えていました。食事会ではいろいろな国の人と話をしたり、写真を撮ったりと交流を深めることができて、とても盛り上がった食事会になりました。

 今回の香港国際に参加して、柔道のことはもちろん、他の国の選手とコミュニケーションをとることでその国の文化を学ぶことができました。そのことは大変貴重なことだと思いますし、今回学んだことをこれからの人生に役立てていかなければいけないと考えています。そして、このような貴重な経験をさせていただいた廣川先生、吉鷹先生、海外遠征の資金を支援してくれた両親と祖母にとても感謝しております。ありがとうございました。
posted by toinjudo at 16:03| Comment(69) | TrackBack(0) | 行事

2011年03月28日

香港国際柔道大会(坪田大)

香港国際柔道大会に参加した坪田大のコメントです。


三月三日から七日まで中国の香港で行われた香港柔道大会に参加させていただきました。初めて外国に行くということだったのですが、あまり乗り気ではありませんでした。しかし監督である廣川先生のあまりにも強いすすめもあり今回参加させていただきました。

 香港に着きなによりも楽しみだったのが本番の中華料理を食べられるということでした。味付けは全体的に薄味でおいしかったのですが、米がタイ米というのはいただけませんでした。二日目にはホテルの周りを探索しました。鳥が丸々一羽、何匹も連なって吊されている精肉店や、漢方薬を取り扱う出店、中華料理の店などたくさんの店で賑わっていました。日本とは全く違う雰囲気に驚きましたが、楽しみながら探索することができました。食事に関して言えば、お世辞にも衛生的とはいえませんでしたが、大変安価でたくさんの種類の食べ物を食べることができ良かったと思います。夕方からは女人街というダミー商品がたくさん売っている街に行きました。当然なにも買うことなく帰りました。

 三日目はメインの大会の日でした。初戦は内股で有効を取り、そのあとに三角から横四方固めに移行し一本勝ち。二試合目は開始早々大外刈で有効をとられました。その一分後には体落で投げられ一本負けをしました。三位決定戦は、二分過ぎたくらいに送襟締が決まり一本勝しました。優勝を狙っていただけに悔しい結果となりました。また、人生で最初で最後になるかもしれないブルー道衣を着れる大会で、まさかの全試合白道衣で試合をし、大会を終えたのはさらに悔しい結果になりました。大会の全日程が終わった後には、参加国全員が集まるパーティに参加しました。言葉はあまり通じませんでしたが、いろいろな国の人と交流することができ、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

 今回香港遠征に参加させていただき、たくさんのことを学ばせていただきました。この五日間を通し学ばせていただいたことを、これからの私の柔道人生、また生活に生かしていきたいと思います。また、五日間付き添いをしてくださった吉鷹先生、山部先生、武田先生、参加に対しまして強く背中を押して下さった廣川先生、金銭面でも支援をしてくれた両親にこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。
posted by toinjudo at 15:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 行事

2011年03月22日

お知らせ

近日中に当ブログにおいて、香港国際柔道大会出場学生の感想、部員、新入生の紹介を掲載していきます。しばらくお待ちください。
posted by toinjudo at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡

卒業生送別会

監督の廣川です。
しばらく時間が空いてしまいました。申し訳ございません。
また、この度の震災により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。


19日に卒業生送別会が行われました。
通常なら学園の食堂部をお借りして行っていましたが、今回はお酒も最小限に寮の食堂で行いました。
終わってみれば四年間はあっという間です。卒業生は口々にそう言っていました。
在学生もそのことを念頭に入れ、一日一日を大切に過ごしてほしいと思います。

私個人で見ると、本学へ来てちょうど5年経ったことになります。
今回の卒業生が間違いなく一番大変でした。(その分勉強もさせてもらいました)

指導者も成長しなくてはいけません。
赴任したてのころとは指導の方法も変わっていることでしょう。
しかしながら、絶対に変わらないこともあります。
ちょうど明日は柔道部のミーティングがありますので、そのことをしっかり学生に伝えたいと思っています。

13名の卒業生、4年間本当にお疲れさまでした。
そして、本学へ来てくれたこと、4年間一生懸命頑張ってくれたことに対し心より感謝します。

ありがとう。

posted by toinjudo at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事

2011年03月08日

関東柔道選手権大会

3月6日、埼玉県立武道館にて、全日本柔道選手権大会の予選となる関東柔道選手権大会が行われました。本学柔道部からは4年の森田晃弘が出場しましたが、惜しくも6位という結果に終わり、3年連続の本選出場はなりませんでした。

卒論の準備や直前の肘の怪我など、決して十分な状態ではありませんでしたが、大学最後の試合本当にお疲れさまでした。
posted by toinjudo at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合

2011年03月07日

香港国際柔道大会(速報)

3月5日6日と香港国際柔道大会(関東学生柔道連盟派遣)が行われ、本学からは90kg級で坪田大、66kg級で渡邊敦義の2名が出場し、坪田が3位、渡邊が2位という成績を収めました。
出場選手の感想なども含め、詳細は改めてご報告いたします。
posted by toinjudo at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合

2011年02月28日

全国体育系学生柔道体重別選手権大会

2月26日(土)、27日(日)に東京・講道館で行われました全国体育系学生柔道体重別選手権大会におきまして、長田拓郎(100kg超級)、馬場啓輔(100kg級)の2名が優勝、鹿谷武史(100kg超級)が準優勝という成績を収めました。後日、大会の詳細をブログ上にて掲載します。
posted by toinjudo at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合

2011年02月24日

よろしくお願いします。

柔道部監督の廣川です。

一部未完成の個所もありますが、ようやく新しいHPが完成しました。
(作成にあたりお手伝いいただきました赤羽様には心より感謝申し上げます)

まったくの素人作業ですので、しばらくの間はなにかとご迷惑をおかけするかと
思いますが、末長くお付き合いくださいますようよろしくお願いいたします。

このブログでは、柔道部の紹介はもとより、監督ならびに部員の日常、さまざまな
行事に関する内容についてお伝えしていきます。

また、試合の結果を可能な限り速報でお伝えできればと思っております。

柔道部OBの皆さま、保護者の皆さま、大学関係者の皆さま、そして、本HPおよび
ブログをご覧の皆さま、桐蔭横浜大学柔道部に今後とも温かいご支援賜りますよう
よろしくお願い申し上げます。

posted by toinjudo at 13:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記