2011年03月28日

香港国際柔道大会(坪田大)

香港国際柔道大会に参加した坪田大のコメントです。


三月三日から七日まで中国の香港で行われた香港柔道大会に参加させていただきました。初めて外国に行くということだったのですが、あまり乗り気ではありませんでした。しかし監督である廣川先生のあまりにも強いすすめもあり今回参加させていただきました。

 香港に着きなによりも楽しみだったのが本番の中華料理を食べられるということでした。味付けは全体的に薄味でおいしかったのですが、米がタイ米というのはいただけませんでした。二日目にはホテルの周りを探索しました。鳥が丸々一羽、何匹も連なって吊されている精肉店や、漢方薬を取り扱う出店、中華料理の店などたくさんの店で賑わっていました。日本とは全く違う雰囲気に驚きましたが、楽しみながら探索することができました。食事に関して言えば、お世辞にも衛生的とはいえませんでしたが、大変安価でたくさんの種類の食べ物を食べることができ良かったと思います。夕方からは女人街というダミー商品がたくさん売っている街に行きました。当然なにも買うことなく帰りました。

 三日目はメインの大会の日でした。初戦は内股で有効を取り、そのあとに三角から横四方固めに移行し一本勝ち。二試合目は開始早々大外刈で有効をとられました。その一分後には体落で投げられ一本負けをしました。三位決定戦は、二分過ぎたくらいに送襟締が決まり一本勝しました。優勝を狙っていただけに悔しい結果となりました。また、人生で最初で最後になるかもしれないブルー道衣を着れる大会で、まさかの全試合白道衣で試合をし、大会を終えたのはさらに悔しい結果になりました。大会の全日程が終わった後には、参加国全員が集まるパーティに参加しました。言葉はあまり通じませんでしたが、いろいろな国の人と交流することができ、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

 今回香港遠征に参加させていただき、たくさんのことを学ばせていただきました。この五日間を通し学ばせていただいたことを、これからの私の柔道人生、また生活に生かしていきたいと思います。また、五日間付き添いをしてくださった吉鷹先生、山部先生、武田先生、参加に対しまして強く背中を押して下さった廣川先生、金銭面でも支援をしてくれた両親にこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。
posted by toinjudo at 15:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 行事

2011年03月22日

お知らせ

近日中に当ブログにおいて、香港国際柔道大会出場学生の感想、部員、新入生の紹介を掲載していきます。しばらくお待ちください。
posted by toinjudo at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡

卒業生送別会

監督の廣川です。
しばらく時間が空いてしまいました。申し訳ございません。
また、この度の震災により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。


19日に卒業生送別会が行われました。
通常なら学園の食堂部をお借りして行っていましたが、今回はお酒も最小限に寮の食堂で行いました。
終わってみれば四年間はあっという間です。卒業生は口々にそう言っていました。
在学生もそのことを念頭に入れ、一日一日を大切に過ごしてほしいと思います。

私個人で見ると、本学へ来てちょうど5年経ったことになります。
今回の卒業生が間違いなく一番大変でした。(その分勉強もさせてもらいました)

指導者も成長しなくてはいけません。
赴任したてのころとは指導の方法も変わっていることでしょう。
しかしながら、絶対に変わらないこともあります。
ちょうど明日は柔道部のミーティングがありますので、そのことをしっかり学生に伝えたいと思っています。

13名の卒業生、4年間本当にお疲れさまでした。
そして、本学へ来てくれたこと、4年間一生懸命頑張ってくれたことに対し心より感謝します。

ありがとう。

posted by toinjudo at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事